問題に答えられる?

中学受験を受けるにあたり、学校選びは非常に重要ですが、難関校ともなると、学力試験の内容も非常に難易度の高いものとなります。少なくとも算数は公立中学や高校のレベルにまで難易度が上がり、問題の出題形式も、単なる問題の暗記では突破できないような、応用力が求められるものが中心となります。子どもの指導は親が行うべきと考えるお父さんも、問題によっては答えられないことがあるので、指導の際は注意が必要です。

問題が分からければ当然教えようがありませんが、回答できたとしても、それが深い理解の下に導き出された答えでない限りは、恐らく子どもに答えを教えることは出来ても、問題の内容を深く理解させることにはつながりません。そのため子どもの指導は、それなりの知識と経験を持った、塾講師などに任せたほうが確実です。

とは言え全く手を出さないのも考えものなので、まずは問題がどんなものなのか挑戦してみるのも大切です。もし余裕を持って答えられるなら、子どもが自分のような解答を得るために、どんな点に注目すれば良いのかを考え、それを直接触れる事無く、自分で考えられるようサポートしましょう。難易度が高い指導法ですが、色々な問題に対応するためには、とにかく深い理解力を身に付けさせることが大切です。