受験経験が無いと

公立の中学校は何もしなくても入学できますが、それでは受けられる授業に限界があり、将来の進路も自然と狭まっていきます。より自由な道を進んでもらいたいのであれば、難関校と呼ばれるような国立や私立の中学校に通わせるのが一番です。とは言えそれらの学校には厳しい試験があり、難易度の高い学力試験を受ける必要があります。算数一つ取っても、高校生レベルの問題が出るといわれていますが、受験経験が無いと、父親が指導するのは困難です。

中学校受験のための勉強を指導するためには、まず中学受験を受けた経験があるかどうかが重要です。受験を受けた経験を元にすることで、やっておけばという要素を自然と思い出すことが出来るようになり、指導も着実に行うことができます。逆に経験が無いと、具体的にどんな問題なのかも分かりにくく、ただ答えを教えるだけの間違った指導を避けることにも繋がってくれるはずです。

難関校の中学受験において、過去の経験は絶対必要というわけではありませんが、少なくても、全くの経験が無い状態よりも、的確な指導を行えるようになるでしょう。また、そうした経験を経て、自分のときはそうした指導を行う親が疎ましかったなど、過去の自分が嫌だったことを再び子どもにしないためにも、過去の経験は有効活用していきましょう。