放置はしないように

難関校に通わせるためには中学受験を通過しなければなりません。試験内容は学校によって異なりますが、学力試験では公立高校レベルの問題が出ることもあり、子どもには長い間勉強をさせ続けなければ、試験を突破することなど出来ないでしょう。そのためには父親の立場からも積極的にサポートすることが大切なので、決して放置する事無く、最後の最後まで子どもを支援する事を考えましょう。

学力試験は最終的には自分一人でやることですが、それまでの経緯まで一人にして言いというわけではありません。寧ろ一人に放置してしまうと、勉強に対しての苦手意識が高まったり、受験に対する意欲が落ち込んだりと、様々なトラブルに見舞われやすくなります。それだけ試験前はメンタルの状態が重要になってくるので、特に子供のうちは、積極的に子どもの近くにいるようにしましょう。

勉強の支援というと、ついつい勉強の中身の解説を中心に考えがちですが、それ以外のちょっとしたサポートでも、子どもにとっては重要な心の支えになることもあるので、算数や数学が全くできないという方も、積極的に話しかけるなどして、子どもとのコミュニケーションを重ねていきましょう。そうした地道な積み重ねで、子どもが試験本番を迎えるまでの間、勉強に対してのモチベーションを維持できるようになるはずです。