問題集を解いてみる

中学校の選択は、子どもの将来にも多大な影響を与えます。より多くの選択肢を将来に残すためにも、難関校の中学校に通わせたいという方は多いのですが、中学受験は想像以上に難易度が高く、算数一つ取っても、普通に答えることすら難しい問題がどんどん出てきます。なので、得意や苦手によっては子どもを指導することも難しいかもしれないので、中学受験を決めたときは、まず自分が問題集を解いてみましょう。

中学受験の試験問題は学校によってばらつきはあっても、難易度が高いものだと公立中学や高校で習うような問題が当たり前のように出てきます。小学生の勉強ならまだしも、中学校や高校の勉強は教えられないという方も多く、仮に教えても深い理解には結びつかないことが多いです。もし深い理解を得ていないと思ったときは、自分が無理をして教えることはありません。専門家に指導を任せて、自分は他の方法で支援を行いましょう。

中学受験の指導は、はっきり言って素人には難しいですが、人によっては決して解けない問題ではないと、積極的に問題を解いて、子どもが分からないところに解説を加えることもいるといいます。もし指導できる自信があるなら、利用している学習塾の講師と相談してみて、自宅での指導に挑戦してみてはいかがでしょうか。