指導以外に出来ること

中学受験と一口に言っても、受験を採用している中学校はたくさんあり、それぞれ偏差値の違いなどが見られます。難関校と呼ばれるような学校だと、偏差値70から80のところもあり、ごく一部の方しか合格できないレベルと言われています。もしそうした難関校に子どもを受験させたい時は、塾の指導はもちろん、家族ぐるみの協力が求められますが、指導以外に父親ができることとは一体何なのでしょうか。

中学受験なら、自分だけで指導することもできるのではと思うかもしれませんが、難関校の中学受験の問題は、算数でも高校生レベルの問題が出ることもあり、素人が無理に指導しようとしても、表面的なことしか学べなかったり、塾との授業とで混乱することもあるといいます。そのため、親はもっと精神的な面での支えに気を配るべきといわれており、家族にしか出来ない支援が期待されています。

中学受験中の精神的な支援は、子どもの性格などに合わせて変えていくことが肝心です。一緒に話をするだけで子どもの気持ちが和らぐこともありますし、大きな成果を上げたら一日は遊びの時間を設けるなど、家族とのふれあいやご褒美を与えることで、受験の大きな敵となるストレスを解消させて、より勉強に打ち込める心を作ることが出来ます。こうした蓄積を重ねることで、多くの知識を身につけるだけでなく、強い気持ちを作ることも出来るでしょう。