過去の経験を活かす

難関校の中学受験は、他の学校に比べてはるかに難易度が高く、相当前から準備を始めておかないと、全く問題を解くことが出来ないかもしれません。学校によって試験内容は異なりますが、難関校だと数学の問題も普通に出てくるので、場合によっては子どもはもちろん親も解けないかもしれません。こうした高難度の受験勉強については、学習塾で行うことが多いですが、父親は何か手伝うことはできるのでしょうか。

中学受験の勉強については、直接講師として教えることは難しいといいます。問題自体の難しさもさることながら、受験に合格するためには、問題を読み解く論理的思考など、より深い点から問題を見るスキルが求められ、それを鍛えるのは経験者でなければ困難です。そのため、勉強を直接見るのは不可能かもしれませんが、人生経験を活かした支援は、勉強に直接関係無く行うことができます。

過去に受験経験があるなら、子どもにその時のことを話してみましょう。自分と同じような悩みを抱え、どのように解決してきたのかを伝えることで、辛い試験勉強を取りきる方法を、自分なりに見つけるきっかけになるかもしれませんし、何か悩みがあるようなら、直接聞いて解決法を考えてあげることもできます。こうした心のケアは、家族である父親が最も活躍できるはずです。