専門家は反対?

中学校に様々なタイプがありますが、誰でも入ることが出来る公立の中学校に比べ、より高いレベルの教育を受けられる国立や私立の中学校では、志望者の実力を比較するために、独自の学力試験を行っています。学校によって難易度は変わりますが、難関校ともなると、算数の試験でも数学の知識が求められるほどで、小学校では学ぶことが出来ない知識も必要になります。こうした中学試験の勉強をする上で、父親はどうサポートするべきなのでしょうか。

父や母のサポートについては、学習塾や家庭教師の講師は、勉強を直接見るのは反対しています。子どもの勉強なら見られるとお思いの方もいるでしょうが、中学受験では高い理解力を求める問題が多く、答えや公式を暗記させるような簡単な勉強法では、全ての問題に対応できないとして、専門家によるより高度な指導を行う必要があります。そのため残念ながら素人知識といえる、父や母の指導については、反対の意見を出す方が多いです。

ですが、試験勉強のサポート自体は悪いことではありません。子どもが悩んでいるようなら悩みを聞いてあげたり、たまには一緒に身体を動かしたりと、勉強を直接見るよりも、勉強で疲れたり悩んだりした心や身体を癒すことに気を配ると、子どもも無理を重ねる事無く、受験勉強を続けていくことができるはずです。