子どもの性格

中学受験の問題は、小学校のテストとは比べ物にならないほど難しいです。難関校として有名な中学だと、公立の中学校や高校で学ぶような問題もあり、問題の内容も深い読解力と理解力を必要としています。もちろん小学生が答えられるようになるには、しっかりとした環境で長時間勉強を続けさせる必要があり、父親や母親も、子どもの助けになるために様々なサポートを行うことが大切です。

子どものサポートといっても、問題を教えるのは意外と難易度が高いです。算数一つ取っても、小学生が習うものよりもはるかに難しく、深い理解力を与えるだけのちゃんとした授業を行えない方も少なくありません。学習塾などでも、直接勉強を教えるよりは、モチベーションの維持や、生活の悩みなどを解決するサポートが望まれているので、仕事終わりに話をするなど、常日頃から気を配るようにすると良いでしょう。

子どものモチベーション維持については、子どもの性格に合わせた方法がいくつもあります。たとえば、一緒に同じ問題を解いて、得点を競い合うことでやる気を出す子もいれば、勉強後に思い切り遊ぶ時間があるとより集中する子がいたりと、家族の家庭環境などで、子どものモチベーションの上がり方は大きく変わるので、自分の子に合わせたモチベーション維持の方法を考えておきましょう。