協力して問題にあたる

よりレベルの高い教育を受けられる、国立や私立の中学校では、独自の学力試験を実施しています。難関校にもなると、非常に難しい試験を突破しなければならず、専門の学習塾で何年も掛けて勉強を続けなければ、試験を受けることも難しいといいます。中には自宅学習を行おうと考える方もいますが、勉強を教えることになる父親でも、難関校の入試試験には答えられないことがあるので、それほど深い勉強は出来ないかもしれません。

難関校の中学試験の問題は、算数でも中学生が習うレベルのものがたくさん出てきます。物によっては公立の高校クラスの難易度の問題になるので、しっかりと問題について理解させることは困難です。そのため、学習自体は塾に徹頭徹尾任せるとして、自宅学習では親子で一緒に問題を解くのが良いかもしれません。一緒に同じ問題を解くことで連帯感を感じさせ、勉強のモチベーションを上げたり、時には問題の解説をさせて、より深い理解力を得るきっかけを与えたりと、色々な形で問題に触れさせて、知識をより深めさせましょう。

中学受験を受けさせる家族の中には、母親だけに教育を任せきりにする父親も多いそうですが、自分だけ何もしないというのは家族の仲にもかかわります。子どもの教育には積極的に係わって、子どもの将来の可能性を広げると共に、家族間の連携もより密接なものにしていきましょう。