挑戦する意欲を見せる

中学受験は、子どもの将来の選択肢を広げる上で、非常に重要な意味を持ちます。中学校には公立なら確実に入学できますが、もっと高いレベルの教育を受けさせ、もっと良い学校に進学できるようにするためには、中学校のうちからレベルの高い学校に通わせるのが一番です。難関校と呼ばれる学校では、非常に難易度が高い入学試験を行っており、算数でも解けない大人がいるという難易度になっています。そんな中学受験を子どもと一緒に乗り切るためには、自分から挑戦する意欲を見せることが大切です。

子どもに勉強を教える際は、どうしても子どもに対して上の立場になりますが、自分は上に立って命令するだけでは、子どももやる気を出してくれません。中学受験の場合は子どももそれほど学校の違いを意識せず、モチベーションも上げにくいので、父親である自分が率先して問題を解くなど、挑戦する意欲を持たせましょう。少なくとも自分が何もしないよりは、勉強に取り組む意欲を持ってくれるはずです。

難関校の試験問題は、自分達で教えきることが出来ないので、どうしても学習塾などの周りの人に頼りきりになってしまいますが、子どものモチベーションを維持することも家族の大事な仕事です。家族が率先して問題に挑戦するという光景は、子どものやる気に繋がることもあるので、子どもにやる気が無いときは自分から引っ張って勉強する気にしていく気概を持ちましょう。