行動は早めに

学校にもよりますが、中学受験は非常に難易度が高いです。全く勉強の必要の無い公立校とは異なり、難関校ではより高度な授業を行っており、学力審査も実施しています。学力審査では各教科ごとに様々な問題を解く必要があり、算数では中学校や高校で習う難易度の問題も見られます。もちろん一朝一夕でどうにかなる難易度の問題でもないので、少しでも早いうちから受験の準備を進める必要があります。

中学受験を成功させるためには、とにかく早いうちから試験対策の勉強を始める必要がありますが、実際に子どもを学習塾に通わせる前に、実際に試験の問題に挑戦してみましょう。過去問代はテキストなどで販売されているので、まずは父親が問題を解いてみて、その結果を元に、自分が勉強を教えられるかなどを考えてみましょう。小学生の問題とは言っても、中学・高校レベルの問題も出てくるので、問題が解けない場合は、学力アップは学習塾に任せるようにしましょう。

自分が教えられるだけの実力を持っていても、専門家にとっては、あまり教育プランを崩してもらいたくないので、両親はあまり子どもの勉強には係わらないほうが良いといいます。それでも、答え合わせの時には立ちあって、苦手と思われるポイントがあれば指摘するなど、直接的な解説以外にもできることはあるので、子ども一人が苦労することが無いように、家族全員でフォローすることを心がけましょう。