楽な道に逃げない

子どもに良い学校に通ってもらうためには、子どもに入学試験を受けてもらわなければなりません。難関校と呼ばれる有名中学では、公立の中学校や高校並みの問題を解く必要があったり、算数の問題も、非常に深い知識が求められたりと、中々合格点を取れないような非常に難易度の高いものとなっています。この試験を突破するには、とにかく長い時間を掛けて、じっくりと勉強を重ねていくことが肝心です。

受験勉強を小学生の子ども一人で行うのは難しいので、家族全員でサポートしていくことが大切です。特に注意したいのが、問題集などを解いている時に、すぐに答えや解説をチェックさせないということです。すぐに答案をチェックするだけでは、表面上の情報しか覚えず、本番の試験で解答できなくなる可能性が高いので、子どもがすぐに解答を見ないように、解答は家族が行うようにしましょう。

自宅学習で父親と子どもが勉強をする際は、当然父親もすぐに答えを見ないようにしましょう。時間が掛かってもいいので、ゆっくりと子どもに考えさせ、その問題で何を求めるべきなのかを明確にイメージできるようになるまで、時間を掛けて答え合わせを行ってください。そうした日々の地味な積み重ねが、深い理解力に繋がってくるはずです。