最後に勝つために

子どもの将来を考えて、中学受験を受けさせる家族は少なくありませんが、難関校の試験を受けさせる場合は、かなり難易度の高い問題を解かせる必要があり、算数一つ取っても、中学校や高校で習う問題が出てくるといいます。さすがにこれを学校の授業で学ぶことは出来ないので、家族総出で子どもの受験勉強をサポートして、様々な問題を解けるようにする必要があります。そのためにも問題は家族で確認し、どうやって理解力を深めるか考えましょう。

父親や母親が直接勉強を教えるのは、学習塾の講師から止められることが多いのですが、答え合わせを行ったり、悩みを相談するといったサポートは、子どもの状態をチェックする上でも推奨されています。特に苦手なポイントがある場合は早めに解消する必要があるので、答え合わせの中身などを照らし合わせて、苦手なポイントを明確にしていきましょう。

中学受験の難易度は高く、はじめのうちは答え合わせの結果も悪く、理解すべきポイントをほとんど理解していないこともあるかもしれませんが、そうした状況から努力を積み重ねていくことで、最終的には中学受験に挑戦できるだけの実力を身に付ける事ができます。それまでの間は子どもにもどれだけ失敗しても気にしないように伝え、最後に合格という勝利を得るためにも、はじめのうちは改善点を明確にしていく事からはじめましょう。